友人からの妊娠報告に焦り、涙を流した日々

ハッピーウォーク☆さん 39歳  ※悩んでいたのは30〜32歳

 

結婚が30歳(主人も同い年です。)の時で、年齢的にも、すぐにでも子供が欲しかった私達夫婦。
元々、私は生理不順だったので、産婦人科に通っていました。

 

その時に、病院の先生からは、排卵をしている月と、していない月があり、、妊娠は難しいかもしれないので、妊娠を望むなら排卵誘発剤を飲み、治療した方が良いと言われていました。

 

排卵誘発剤を数回飲めば、子宮が活発になり(エンストしている車に、エンジンを直してあげるイメージらしいです。)、妊娠し易くなると言うものでした。
数回飲み、妊活しましたが、結局2年もの間、妊娠しませんでした。

 

その間、周りの友人からは、毎年年賀状で「新しい家族が増えました」とか、メールでしょっちゅう届く、出産、妊娠の報告。

 

焦り、何度も一人で泣いたりもしました。
主人にも、あなたにも原因が無いか、産婦人科で早く調べてよ!ときつく当たったりもして、喧嘩が絶えませんでした。

 

で、病院の先生から、卵管に詰まりが無いか、一度調べてみませんか?と提案がありました。
造影剤を流す事により、卵子の滑りが良くなり、妊娠率が上がるかもと言うのです。

 

早速、予約して検査して貰いました。
詰まっていると、相当痛いらしいのですが、私の場合、全く痛みが無く、詰まりは無かったみたいです。

 

それから、数ヶ月し(相変わらず排卵誘発剤は飲んでいました。)、風邪みたいな症状になり、会社を休みました。
一応、妊娠検査薬をしたら、なんと妊娠!結局、2年半くらい掛かりました。
2年を越すと、不妊と認定されるみたいなので、私の場合、ギリギリだったかも知れません。

 

諦めないでいて良かったと思っています。