病院での不妊治療の内容

不妊治療を考えている方の中には、どこへ相談したらいいのか分からない、またどんな治療が行われるのか知りたい…そんな疑問や不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。
ここで病院で行われている不妊治療の内容を詳しく紹介しましょう。

 

@一般不妊治療

・タイミング法
排卵日を予測しながら、妊娠しやすい時期を教えてくれるもの。基礎体温を記録するほかに、排卵日検査
薬を使用したり、エコーで卵胞の大きさを測り、排卵日をさらに詳しく予測する検査などを実施する。

 

・ホルモン治療
生理不順などで排卵障害があることが分かっているケースや受精卵が子宮内膜に着く着床が起こりにく着床障害などがある場合に実施します。飲み薬や注射などで排卵誘発剤を使用するもの。排卵が順調にある人でも、さらに妊娠しやすい状態にするために排卵誘発剤を使用することもある。副作用や多胎妊娠が起こる可能性も。

 

・人工授精
タイミング法で予測した排卵日を選んで、子宮に直接精子を送り込む方法。男性不妊症やタイミング法やホルモン治療で効果がなかった場合に行われる。原因が分からない不妊に対して行われることが多い治療方法。保険適用外となり、費用は1回当たり1〜2万円程度。

 

 

A高度生殖医療

・体外受精
卵子と精子をそれぞれ採取し、対外で受精、培養を行ってから受精卵を女性の体内に戻す治療方法。
保険 適用外で1回当たりの治療費は20〜50万円程度。

 

・顕微授精
体外受精で受精卵を得ることができないケースで実施。人為的に受精を促す方法。
1回の治療費は30〜60万円程度。

 

体外受精と顕微授精については特定不妊治療費助成金が受けられることがあります。

 

不妊治療はいきなり人工授精や体外授精が行われるわけではなく、段階を追って治療の内容を変えていくため、早めに取り掛かることが大切です。